Subscribe to くっだらないこと大好き Subscribe to くっだらないこと大好き's comments

私は割と、一人でご飯を食べに行くのが好きです。学生時代には、授業がお昼で終わる時など、一人で街に行きお気に入りのレストランでご飯を食べていました。友達が一緒の時にはもちろん誘いますが、そうでない時でも単独で食事しに行っていました。今でも、ふと特定の料理が食べたくなると、ふらりとお店に足を運びます。
一人ご飯は孤独で寂しそうに見られてしまうかもしれませんが、とっても気楽で好きなものを好きなだけ食べられるので、気に入っています。やはり誰かが一緒だとその人の好みも考慮しないといけないので、完全に自由とはいえませんよね。もちろん、誰かとご飯を食べるのも楽しいので、それはそれで好きです。そちらは主に、食べる方よりもお喋りする方の楽しみが大きいのですが。
また、一人ご飯は、人と来る時のために予めお店のリサーチもできます。いい感じのお店を見つけたら、「今度あの人を連れてきてあげよう」などと一人考えるのも楽しいひと時です。


西日本は大雨続きのようでもありますが、関東地方はお盆過ぎから再び猛暑気味となり、日中の暑さは真夏日から猛暑日といった日々が続いています。
あまりにも暑いため、ここ数日はハーフパンツを脱ぎ捨て、Tシャツとパンツ一丁で過ごしていました。

しかし、パンツ一丁の姿に慣れすぎたのか、宅配便が来た折にこの姿で玄関に出てしまいました。
幸い上着の裾が長く、パンツ姿とは分かりにくかったかもしれませんが、気づいた時には時すでに遅しで、そのまま知らん顔して荷物を受け取ってしまいました。

これが、配達員が女性であったら少々失礼になるかもしれませんが、ノーパンで出たわけでもなく、男性の配達員であればそれほどでもないでしょう。

しかし、その後から、イスにはすぐ履けるハーフパンツを下げており、何かあった折にはこれをすぐ履くように気をつける様にしています。

もうしばらくは暑い日が続くでしょうが、暑さで集中力や思考力も鈍りガチになりますが、慣れという物には注意しないといけません。


この間、お盆の時期に法事があっておばあちゃんの家に行きました。うちは、親戚からの全体連絡が学校みたいに一斉メールで届くんです。私ももう家を出ているのでそのほうが楽だったりもするんですけど、そのときの内容が法事の時間と、場所が書いてあったんです。さらに、何日までにはおばあちゃん家集合という内容でした。ということで、私はさっそく仕事の都合もあったので、一番安く行ける夜行バスでおばあちゃん家に向かいました。ただ、すっかり忘れていたことがあったんです。おばあちゃんの家って田舎すぎて交通の便が最寄駅までしかないんです。で、朝一で駅に着いたときに一番無難な従兄弟のお兄ちゃんに電話をして迎えに来てもらいました。さすがお兄ちゃんです。小さい時から私にやさしくしてくれて、さらに独身なのでちょっとわがまま言っても他の人の目が気にならないのでラッキーなんです。私はなんとか無事におばあちゃん家につきました。田舎って交通の便を考えると大変ですけど、やっぱり良いです。自然もたくさんあるし、近所のおばちゃんやおばあちゃんは優しいです。法事の期間の三日間しかいなかったですけど、老後はこういうところで住みたいなって思っちゃいました。


雨のあとの天気は風が生あたたかいです。それは天気になって

気持ちがいいということと重なって、しばらくするとむしょう

にまた雨が懐かしくなってきます。

夏の天気が異常に続いてしまうと、こんなに普通にパソコンも

打っていられる状態ではありません。「涼しいうちに勉強はす

ませておく」なんていう子どもの頃の夏休みもありました。

できればもっと記事をたくさん書きたいですが、身の回りのこ

とだと限界があります。地域色の多い、そこへ出かけてみたく

なるブログなど書けたらいいと思っています。というのは、自

分の住んでいるところでも検索してみるとむかしの山城があっ

たところが非常に多いです。史跡などもありますが、出かけて

みようと思うと自分の足でいけそうに近い場所にあります。い

まは、ただお城の形もなく遺構とよばれるものもあったりなか

ったりですが、最近非常に興味の出てきたことでもあります。

家の中にいるととかく世の中がせまくなってきがちですが、

記事を書きつつそんな昔の史跡などにも目を向けてみたいと

思っています。


筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病の認知度を広めるために、海外では「アイス・バケツ・チャレンジ」というチャリティー活動が注目されています。この活動は、挑戦に指名された人が氷水をかぶるか、100ドルを寄付するかの二択を強いられて、24時間以内にどちらかのミッションをクリアしなくてはいけないという仕組みになっています。
クリアした人はまた別の人(3人)を指名し挑戦させることができるので、言葉は悪いですがねずみ講のようにチャレンジする人が増えている状況です。
一般人だけならまだしも有名な著名人やセレブも参戦しているため注目度も高く、動画サイトやSNSなどからどんどん輪が広がっていき、募金額も増えているそうなので、かなりの効果を上げています。
氷水をかぶるというのは一見馬鹿げた行為に見えますが、馬鹿げているからこそ注目を集めたのかもしれません。こんなことをしないと難病の認知度を上げることができないというのは悲しいですが、知るきっかけになるのなら何でもありだなと思いました。


水族館へ行って、変な魚を沢山見てきました。

例えば、「デンキウナギ」。
大きな水槽の底に、太い枯れ木が沈んでいる・・・様に見えますが、よくよくみればウナギです。
普通の魚の様に目立つヒレが無いのと、活発には泳がないので、あまり魚らしく無いのですが。
と言うか、「体内で発電する」という時点で、いわゆる「魚」とは違っている感じですよね。
なんとなく、「この魚を大量に飼って、脱原発はできないのか?」とか考えてしまいました。

あと、名前は忘れましたが、ヒレが手みたいに進化した魚。
この魚、両手で岩に掴まって、じっとしていました。
いや、手じゃなくて、あれがヒレなんですね。
この目で見たワケですが、やっぱり、ちょっと信じられない姿でしたね。
あの魚、「握力」は、どれくらいあるんでしょうか・・・?

人気の「チンアナゴ」の前には、女の子がいっぱいでした。
まぁ、グッズの人気から誘導されているのでしょうけど、実物も変な可愛らしさです。
魚なのに、底の土に穴を掘って、そこから

 頭だけ出している

姿は、可愛いと言うか、奇妙と言うか・・・。
頭だけ出した複数のアナゴが、距離を挟んで見つめ合っている光景は、見るも不思議な感じでしたね。

極めつけはマンボウです。
普通に泳いでいる感じでしたが、なにしろ形が変です。
私の目からすると、「斜めになりすぎ」では無いか?とか、要らない心配をしてしまうのですが。
まぁ、マンボウ自身は、どうでも良い事なんでしょうけどね・・・。
どうもこう、勤勉さを感じないと言うか、いろいろ無頓着過ぎないか、とか、人間的な尺度で意見したくなる魚でした。


私は今岡山県に住んでいます。
大学から岡山に引越ししてきて、結婚してそのまま岡山に住んでいます。
お盆とういこともあって、九州の田舎に帰省をすることになりました。奥さんと2人で高速道路を使用して帰ることにしていたのですが、平日だったので、ETC割引が深夜割しかないので、早朝4時前に高速道路に乗れば30%引きになるため、早朝2時30分におきて、3時30分に高速に乗りました。
お盆で車が多いかと思いましたが、早朝だからかかなり空いていたのでとりあえず行けるとこまで行こうと思いました。
ただ今か九州に入ろうかというところで、かなりの睡魔がきたので、サービスエリアに寄って少し寝ることにしました。
ただ、サービスエリアはかなりの満車状況だったので、空いている場所が店の前しかなかったのですが、しょうがないので車をとめました。
店の前なので人の通りがかなり多いため、うるさくてなかなか眠れませんでした。
寝れなかったので、サービスエリアで2時間ほど時間を取ってしまい、高速に戻ると渋滞になっていました。
高速代を安くするためとはいえ、早起きはやはりきついものです。


お盆なので、弟と墓参りに行きました。
車の中でいろいろな話をしたのですが、まぁ・・・どれも複雑な気分になる内容でした。

弟が言っていたのですが、

 最近、墓には 「XX家累代之墓」 なんて彫らない

そうです。
昔は、こうやって家名を入れるのが当然でしたが、もう、そういう時代では無い、という事らしいです。

つまり、少子化の影響で、墓を守る男の子が居ない家が増えていたりするワケです。
この場合、結婚して姓が変わった娘が墓の面倒を見る事になります。
実際、母方の本家もそういう状態なのですが、娘達は東京に嫁いでいます。
そう頻繁には墓の掃除もできないと言う事で、田舎に居る自分たちが代わりにやっていますしね・・・。

墓地に行ったついでに「家名を彫らずに、何を彫るんだ?」と聞いたところ、弟が、

 例えば、こんなのだよ

と指差したお墓には、大きく

 合掌

と彫られていました。

無論、花立などには家名が入っていますが、これは識別がつかなくなるからでしょう。
(どの墓も「合掌」しか彫らなかったら、どれが自分ちの墓だか、判らなくなりますし)

無難と言えば無難なのですが、やっぱり複雑な気分になります。
なんだか、墓と言うものには流行などは無く、ずっと同じスタイルが続く様な気がしていたのですが・・・。


楽天銀行へ口座を開設しようと前に申請していた書類が郵便が届いていました。

本人確認も終了し、口座開設準備が整ったらしいのです。
さっそく仮IDとパスワードでログインし、設定して正式に口座開設完了。
キャッシュカードの発行は別に申し込みが必要で、開設と同時の申し込みはできませんでした。

残高はもちろんゼロなので手数料が払えずまだ申し込みができません。
仕方がないので手数料分だけ他の銀行からオンラインで振り込みました。
それからカード発行の申し込みをし、届くまでまた3,4営業日はかかるのが少し面倒に感じます。
この口座を使い始めるのは早くても来週半ばくらいになってしまうようです。

今まで使っていた口座は貯金用に回し、今後はこっちの口座をメインに使っていこうと思います。
何と言っても手数料が安いです。
また、振込手数料も165円と今までより格段に安いのは助かります。 
同じ銀行同士だと振込み手数料が無料というのもありがたいサービスです。

自宅から振込んだりできるってホント便利な世の中になったもんだなぁと思います。